心を育てる近道

Iロケーション撮影
親子の日撮影
家族撮影
お盆になると、実家の両親がスタジオのある辰口までお墓参りにやってくる。
近江町の鰻の蒲焼きを手みやげに持って、義母に挨拶にくる。
「近江町」と言えば、金沢の台所と言われ
小さな頃から、母に連れられてよく歩いて買い物に行った。
男達の売り声は低くドスが効いていて
魚はクルクルっと新聞紙とビニールに包まれ、野菜は手持ちの袋に放り込んでもらう。
夕方、店じまい前には、捨て値になった新鮮な食材をたくさん持ち帰りウキウキした。
夏には、大玉スイカを歩いてもって帰った。
歩いて10分くらいの距離だけれど、大きなスイカはさすがに腕が痛かった。
それでも、母とかわりばんこで少々限界に挑戦しながらの
帰り道は未だに忘れられない。
家族が皆楽しみに食べることや、母に負担をかけたくない思いで
子どもながらに一生懸命運んだ思い出。
力はあのころの何倍もあり、大人になった今だけれども、
もうとてもあの大きなスイカを運ぶ事はできないだろう。
心はこうして育つのかもしれない。
思いやりの気持ちや辛抱に、近道などないのだろうなあ・・・。
炭火の香りが美味しい鰻を食べながら、思い出してしまった。
石川県能美市辰口町175
フォトアトリエ アディ
————————————————————
アディの七五三  http://happy-aday.com/753/
アディの成人式 http://happy-aday.com/20th/
アディのプロフィール写真 http://happy-aday.com/persons/
アディの公式ホームページ http://happy-aday.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です