「お姫様のおさんぽ」は女の子のあこがれをカタチにする、はずです(笑)

思い返してみると

私は、小学生の高学年になるまで、お姫様の絵ばかりを描いている女の子でした。

幸い実家が文房具を扱う店だったので、絵を描く道具に不自由しませんでした。

紙をたくさん使っていいから、小さな絵を描くな、という祖母のおかげで

来る日も来る日も妄想をふくらませました。

目はキラキラさせて、髪はロール巻き、鎖骨が見えるドレス・・・。

白い画用紙に、フリルのたくさんついたドレスを着たプリンセスたちを

飽きることなく、何人も描きつづけました。

*

もうすっかり忘れていた私のお姫様願望ですが

「お姫様のおさんぽ」という夏のイベントを企画してから、ようやく思い出しました。

久しぶりにお姫様を描こうとしたのですが、昔のように上手にとても描けない(ヒドすぎる)。

あ〜、1枚でも残しておいたらよかったなあ。。。

ちょっと残念です。

*

そんなわけで「お姫様のお散歩」は、女の子の夢を叶えるアディの夏のイベントです。

アディの「お姫様のおさんぽ」はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です