月別アーカイブ: 2006年9月

成人式の前撮り

1454.jpg
9月も、もう残りわずか・・・。
もうそろそろ成人式の前撮りの季節だ。
ゆったりとした気持ちで、美しく、お客様の気持ちに合った撮影をしてさし上げられるのが
前撮りのいいところ。
成人式当日もがんばってはいるのだけれども、
お客様とコミュニケーションをとる余裕がなかなかキビシイ。
お客様自身も混み合ったスケジュールの中で、気もそぞろになる。
せっかくなのに、もう少し時間が欲しかったなあ、
もっともっと、もっともっと良いのが撮れたのに・・・と感じるのが常なのです。
20歳の記念。少しシーズン前に撮影されてはいかがですか?
これまでのお客様のご感想から、自信を持ってお勧めしております。
「アディの成人式前撮り」
きっとご満足いただけるはずです。

セミナー好評でした!

ご報告が遅れましたが、9月19日の<魅力的に「撮る」魅力的に「写る」セミナー>、大好評でした。
今回の石川県地場産業センターでのネットショップセミナーはじめ、
公的機関主催のセミナーを時々お手伝いさせていただいておりますが
みなさん熱心で、本当にやりがいがあります。
後ほどたくさんのうれしいコメントもいただき、みなさんのニーズを知る
貴重な機会でもあります。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
過去の撮影講座
デジカメ撮影講座中級編
 デジカメ商品撮影セミナー

七五三サイトをつくりました。

753poster.jpg
「アディの七五三」というサイトを作成しました。
秋の七五三撮影。Adayならではの思い入れを整理してお伝えできればと思います。
そのためPCの中をいろいろ探していると、
昨年の七五三ポスターのためにデザインしたデータが見つかりました。
残念ながら、別案が採用になってしまい、
あまり皆さんにご覧いただくことができなかった作品です。
デザイン途中ではありますが、最近とまた違った撮り方でなつかしくなりました。
今年の秋も楽しみです♪

写真撮影セミナーの記事が掲載されました

seminas.jpg
今日、9月15日(金)の北國新聞に、撮影セミナーの記事が掲載されていました。
今やネットショップ花盛り。
でも、商品撮影や、スタッフなどの人物撮影に
困っていらっしゃるオーナーさんも多いですね。
画像処理のソフトを使いこなせずにいらっしゃるお店も多いです。
「ウチの商品がどうしたらきれいに写せるの?」
「フォトショップエレメンツはあるけど商品の色がうまくでない」
「スタッフの写真が上手に撮りたい」・・・
そんな石川のウェブマスターやネットショップ担当者のお声をよく聞きます。
これまで何度か撮影セミナーを開いておりますが、その度手を変え品を変え
わかりやすくお伝えしたいと毎回頭をひねっております。
ご参加くださる皆様、どうぞお楽しみにしてくださいね!
では、また石川県地場産業センターでお会いしましょう♪

魅力的に「写る」魅力的に「撮る」セミナー

IMG_2516s.jpgIMG_9674s.jpg
石川県産業大学経営講座 バーチャルショップセミナーの講師をいたします。
 ※受講申し込み、詳細はこちらをご覧ください。
 
 <石川県産業大学経営講座>バーチャルショップセミナー
——————————————————————————————————-
<魅力的に写る、魅力的に撮る、ネットショップの人物撮影>
 講 師:堀 光治 (ほり みつはる) 氏
 (有限会社ホリ写真館 フォトアトリエ・アディ フォトグラファー/お店ばたけ出店者)
 日 時:平成18年 9月 19日(火) 13:30?16:30
 場 所:石川県地場産業振興センター 本館2階 第2研修室
  ※地図はこちら http://www.ishijiba.or.jp/access/
 受講対象者:石川県内のネットショップ開設者、 
 またはこれからネットショップを開設しようとする経営者及びネットショップ担当者
 受 講 料:無料
 内 容:
 お客様を引きつけるネットショップに欠かせないのが、人物写真。
 安心感と親しみを感じさせる店主写真、スタッフ写真や、
 使用イメージに添える人物写真等の「写り方」と「撮り方」をご紹介します。
 また、撮影画像の加工についてのポイントもご説明します。
 講師の堀 光治さんは、このたび第1回「日本写真館賞」に入選されました。
 ?スケジュール?
  ・13:30?15:40 座学、画像処理 (休憩: 撮影レイアウトの準備)
  ・15:50?16:30 人物撮影実技
  ※今回は、人物撮影の実技です。
   アドバイスを希望される方は、デジカメをご持参ください。 
 

古いアルバム

04s.jpg
数年前、実家が新築してから、10冊くらいの写真アルバムを預かっている。
木造3階建ての古い商家が、店、住居より上の階を賃貸マンションとしたため
ストックルームが非常に狭くなり、両親がアルバムの置き場に困ってのこと。
私達兄弟の思い出の写真が多い。
赤ちゃんのころ、入学式、お祭り、パイプをくわえた父とまだ若い母。
たくさんの記録の中に、七五三の写真はたった2枚。
それでも、無邪気な笑顔に、なつかしさがこみ上げる。
一人で大きくなったんじゃないなあ・・・とありがたくなる。
この愛情を、次は子どもたちに伝えよう。
その次に、その次に・・・。
過去を振り返ったり、未来を期待してみたり
写真アルバムは不思議な宝箱になる。

七五三サクセス方法_その2

IMG_3791s.jpg
なにか機会がある度に、当店で昔から写真を撮ってくださるご家族。
この年は、妹さんが主役で、七五三の撮影にいらっしゃいました。
どちらかというといつもは控えめな下のお嬢さんは、
前の年のお姉さんの撮影にも少し緊張気味で参加された覚えがあります。
今回リラックスできるかな?とご来店を待ちました。
でもその日、日本髪に、お姉さんから譲り受けた大事な着物。
お宮さんでもらったメダルを誇らしげに見せてくださるお顔は
あれっ?と思うくらい輝いていました。
ああ、お姉さんのようにしたかったんだな、七五三のお衣装に憧れていたんだなあ・・・。
お嬢さんの、晴れ晴れとした笑顔からご本人の嬉しさがしっかりと伝わってきました。
いつか、このアルバムを開いたときに
きっといろんな感情がわき起こるでしょう。
きちんとした愛情に育まれたことに、感謝できたら、
このお祝いは大成功ですね、きっと。

七五三サクセス方法

2078s.jpg
そういえば、一昨年の七五三で感心したことがありました。
3歳、5歳のお子様は、お衣装をいやがることがよくあります。
せっかくのお祝いなのに、着慣れないお着物に涙をながされては、親も悲しいですね。
ある日、スタジオに3歳の女の子とご家族がいらっしゃいました。
うれしそうにお着物を見て、ちゃんとこちらの言うとおり着てくれる小さなお嬢さんに
「あら、ほんとにいい子ですねえ???♪」と嬉しくなりました。
すると、お母様が
「毎日、七五三のチラシや写真を見せて『かわいいねえ』『こんなの着たいねえ』って
いっしょにおしゃべりしたからですヨ」
・・・あ、そうか!お祝いが近くなった子どもさんに、七五三の良さを教えてあげればいいんだ!
いつもと違う行事だけれど、こんなのいいねえ・・・ってワクワク感を与えてあげよう!!
と、私の目からウロコが落ちました。
パパママにとって、はじめての子どもの七五三の思い出が、「ただ疲れた??」となると悲しい。
皆さんにとって、かけがえのない幸せを感じる記念日であってほしい・・・。
そんな願いを込めて、また七五三必勝法をお話しできればと思います(^_^)

赤ちゃんのあやし方

IMG_0256s.jpg
撮影で、赤ちゃんがニッコリ笑ってくれると嬉しいですね。
スタジオには、笑顔の赤ちゃんのカットがたくさんありますので、
「みんな、ニコニコ笑ってるんですねえ、スゴイなあ・・。オイっ、ガンバってくれよー」
と赤ちゃんにお願いしているパパさんも、時々おいでます(^_^;)
でも、その笑顔の赤ちゃんたちも、撮影の間ズーッと笑ってくれるわけではありません。
実はほんの一瞬・・・がほとんどなのです。
赤ちゃんのあやし方には、いくつかのポイントがあるようです。
お嫁に来てから、自分の子も含めて、たくさんの赤ちゃんをあやしてきましたので
赤ちゃんと心を通わす術も、なんとなく身につけました。
それでもなかなかご機嫌の回復しない場合もありますが
アディでは泣き顔も可愛く撮れるぞ!という自信から?
以前よりずっと落ち着いて対処できます。
それにしても、可愛いなあ・・・。
ずーっと笑ってくれるといいんだけどなあ・・・。

敬老の日の贈り物

IMG_4199s.jpg
9月18日(火)は敬老の日ですね。
とある自治体が、敬老の日か、高齢者のお誕生日のいずれかに「写真券」をプレゼントする・・・ということを耳にしたことがあります。おじいちゃん、おばあちゃんそれぞれに街の写真館にお出かけいただいて、ポートレイトを撮影して来てください。その費用を自治体が負担しますよ。という企画だそうです。
写真スタジオだから・・・ではありませんが、ああ、いいアイディアだなあ・・・と感心しました。
だって、人生に写真は不可欠と思うからです。
おそらく自分らしい1枚の写真があれば、しっかりと明日を見つめて、きっともっと豊かに生きていけるでしょう。先月、還暦のお写真を子どもさんでプレゼントされたご家族がいらっしゃいました。
人によっては、ちゃんとした写真を撮る機会は人生にそうないかもしれません。ちょっと照れくさいですが、愛する人にきっといい思い出、価値のあるプレゼントになると思いますよ。おじいちゃん
おばあちゃんに1枚のお写真を。おススメします!
(お孫さんといっしょとか、家族と一緒なら、緊張がほぐれますね♪)