百日の記念写真は、お母さんの優しさがあふれるように。

6A_C3495ss

お客様が、どんな写真がご所望なのか

お客様自身が、わかっていらっしゃらない時があります。

いえ、実はその方が多いかもしれません。

だれが主役で、どんな写真がほしいのか、

おばあちゃんからいただいた大事な着物を来てくるから

全身がわかるように写してほしいとか。

きちんと大真面目!フォーマルに決めたい、とか

いやいや、おふざけ感満載の、とにかく明るく賑やかないつもの我が家らしく!とか。

言葉にはならない、映像のファクターをつないで

お客様の心にあるぼんやりとしたご要望を

具現化していくのも、フォトグラファーと私の大事な仕事です。

平日の朝いらっしゃった、百日の記念写真のオーダー。

お母さんの優しさがあふれる写真は

私たち自身が、好きだなあ・・・と思える写真になりました。

お母さんが本当に残したいのは、嬉しさや感謝。

ただそれだけのように感じたからです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください