アディでは、赤ちゃんはどうやって撮影しているの?

アディで、通常赤ちゃんの一人写しをするときのこと

ちょっと説明させていただきますね。

まず、椅子に座った赤ちゃんを、私が向かい合ってあやします。

そのあやされている赤ちゃんを、フォトグラファーが撮影するのです。

椅子の周りには、照明をコントロールするために、高い壁で仕切ってあります。

レフ板と呼ばれる反射板です。

壁で仕切られた撮影スペースはとても狭いので

残念ながら、ご両親はちょっと離れたところでモニターで見ていただいております。

撮影をご両親と一緒にしないのは、スペースの問題だけでなく

他にも理由がございます。

赤ちゃんの目の前に複数の顔があると

赤ちゃんがどこを見ていいかわからなくなったりします。

また、本当はパパやママにあやしていただいた方が、ご機嫌がいいのかもしれませんが

大変に狭いスペースで、どの場所に立てば、安全か

必要な光を遮らないか、などの計算があるため

パパママには、残念ながらご遠慮いただいているのです。

一緒に撮影に参加できないので、ちょっと残念がお顔をされるご家族もいらっしゃるのは

本当は、とても心苦しいのですが、そのようにいくつもの理由があるのです。

ただ、赤ちゃんのご機嫌があまり良くない時や人見知りの場合など、

ご家族に来ていただいた方が笑顔が出そうだと判断した場合は

パパかママのどちらかにお手伝いしていただく場合もございます。

写真として満足の仕上がり(結果)になるように、
最善を尽くしておりますので、どうぞご理解くださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください