家族写真から蘇る感動は、どこから生まれるのだろう。

ほんの近い未来。

まばたきで写真が撮れるようになるらしい。

ここぞという瞬間に瞼をパチパチ!またパチパチ!

お父さん、お母さんはきっとナイスショットの連発かもしれませんね!

それはそれで、すごい事!

写真館はあがったり・・・になるかもしれません(^^;;;

でもね、日々写真の仕事をしていると

写真の価値はそこだけではないと、強く思うのです。

作品の性質にもよるのですが、

何気ない一瞬を、ずっと見ていたくなる1枚の写真を仕上げるのは、簡単なことではありません。

写真を撮影した後、レタッチと呼ばれる調整作業があるのですが

感覚と訓練が必要で、作品の感動を大きく左右します。

昨今のすばらしい技術の進化で

ご家族しかとれないような、素敵なハートフルショットはたくさん生まれてくるでしょう。

それも素晴らしい!

じゃあ、私たちはどうする!?

この時代の写真を撮るものの役目を考えている毎日です。

アディの家族写真撮影はこちらから

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください